RC造の大規模木造大屋根改修工事 アスファルト防水改修工事

調査結果 【リフォーム住宅ドクター】の概略

1,そもそも、積雪のある地域には既存で使用されているアスファルトシングル吹きは、たとえ適切な勾配を確保できたとしても不向きである。雪の食いつきが良い上に、その雪による製品の劣化、接着際の劣化が進んでしまうからである。
すでに屋根材の接着ははがれた状態で、屋根下地にも影響が疑われる状態であり、改修工事にて屋根下地の状況を確認する必要がある。
下部のアスファルト防水の状態は雨漏れは発生はしていないものの、建物の設計上、屋上の清掃ができない為、建設以来のゴミや草が生えており雨の後にはドレンで水たまりが出来ていいる状況である。
中継ドレンの接続も不適切であり改修の必要がある。

改修工事の内容

1,木造大屋根の改修工事

①、既存のアスファルトシングル葺の撤去
②、既存屋根下地の状況の確認、状況により下地のやり替え
③、金属屋根による縦ハゼ噴き

2,アスファルト防水改修工事

①、既存の徹底的な清掃と、防水端部の確認
②、既存のアスファルト防水を残し、ウレタン塗装を施工

1,木造大屋根の改修工事

既存写真


アスファルトシングル撤去、いとも簡単にバラバラに、そして下地材の確認を行う。
施主に報告書を提出する。

傷んだ下地材を確認、施主と検討の上、下地材の取替を決定する 施主からの指定で、新規材料はベニヤではなく野地板とする。

防水下地材、屋根ふき完了(棟換気設置) 屋根工事完了後、ウレタン防水完了





中継ドレンの不良工事、切断により解放し、雨水のつまりが解消する


 

Facebook
Twitter