リフォーム工事を成功させるためには

リフォーム工事の満足度向上のために

失敗せずにリフォーム計画を進めるには、どうすればよいのでしょうか? リフォームコンサルタントが推奨する「住宅リフォームの5つの鉄則」をご紹介します。
失敗しないリフォームの為の「住宅リフォーム5つの鉄則」

鉄則1

リフォーム建物の詳細調査を行う

建物の状態を正確に把握し、この先長く使って行く上で本当に補修が必要な箇所を把握し、リフォーム計画に不可欠な「正確な間取り図」を作成する。

*建物の調査の目的は建物の状態を正確に把握する事が目的です。業者が見積りを提出するために行う物ではありません。
*業者から進められるままに、不要な工事(ついで工事等)を行わないで済みます。

鉄則2

リフォームの方向性と、総予算の確定

建物調査報告も基に、関係者全員でリフォーム内容の方向性を決定し、ローン金額や負担割合等も確認した上でリフォーム工事全体(カーテン・家具等も含めた)の総予算を決定しておく。

*これらの事を確定しないまま見切り発車してしまうと、最悪、工事中止になる場合も有ります。

鉄則3

3社程度の相見積もり、契約前(最終プラン)まで競合してもらう

お付き合いするに足らない業者や、変更についてこない業者であれば別ですが、最初に提案された、業者さんからの提案の良い所をまとめながら、各業者にプラン変更してもらい良いプランを作って行きましょう。
決して、途中で一社に絞ってはいけません。
最後の最後まで、3社競合で比べるべきです。

*大変な労力(エネルギー)を必要としますが、途中でリフォーム業者をふるい落してしまうと3社競合させるメリットが無くなってしまいます。

鉄則4

契約書の内容に不備が無いかをしっかりとチェックする

契約書が全てです。打合せ時のメモなどでは太刀打ちでないと考えてください。
ご自分で気にしているところだけチェックするのでなく、設計図面以外にも添付されなければいけない資料に不備は無いか、工期はもちろん工事開始までの期間が適正か、支払い方法・支払い時期に問題は無いか、この内容で全て決められているか、漏れは無いか、約款の内容に問題は無いかなど確認すべき所が満載なのが契約書なのです。
1枚書類が不足しているだけで、後で大問題に発展するのが契約書の恐ろしい所なのです。

*契約書に何が含まれていなければいけないのかは、業者に聞いても駄目なので、ご自分で調べるしかありません。
*「担当者に言ってある」なんて次元の低い話は通りません。担当者もいつまでいる事かわかりません。
同じリフォーム会社に5年(3年)以上残っている人は珍しいのですよ。

鉄則5

契約はあくまで通過点、本番がスタートするのは契約後からです

「無事、契約が終わったから後はお任せして大丈夫」なんて考えるのは大間違えです。
トラブルの始まりになってしまいます。
リフォーム業者にもよりますが、詳細部分の物決め(インテリアコーディネート)や施工図面の承認、着工前の追加・変更見積りのチェックなど、重要事項が山積みなのです。
施工図面の承認や着工前の追加・変更工事の承認は、どちらも「立派な契約行為」になるので、細心の注意を払って、必要事項をチェックしなければいけません。
また、工事中に不明・不安に思う事やアフターメンテナンスについて、専門家の知識をもって相談できる人を探しておくことが重要です。

*契約後に追加・変更が発生した場合、業者に何を言われようと、必ず工事着工前(着手前)に清算を行う事。
*工事中に発生した追加・変更工事については、発生した原因について、
必ず専門家の意見を聞いて確認する事。
追加・変更工事の発生原因が、実は施工業者側にある場合も多いのですよ。

TOPへ