施主工事・施主支給工事って、ご存知ですか?

施主工事・施主支給工事って、ご存知ですか?

リフォームに興味をお持ちのあなたなら、
施主工事・施主支給工事って、お聞きになったこと有りませんか?

リフォーム工事の全てを、
リフォーム業者さんにお願いするのではなく、

例えば、
施主工事とは、
内装の仕上げ工事を、ご自分やお仲間と一緒に、ジュラクを塗って仕上げる工事。
内装の下地までをリフォーム業者の工事として、クロス等の仕上げを知り合いの業者にお願いする工事等。

施主支給工事とは、
トイレの便器や手洗い本体を施主が用意して、
取付けをリフォーム業者にお願いする事等です。

DIYの考え方の延長(工事を楽しみたい、経験してみたいという意味で)、
ご自分で工事を行うことは良い事だと思います。

しかし、
現在、無責任に推奨されている、

工事費を安くするための施主工事・施主支給工事には、
あなたの気づかない問題点が多々あります。

施主工事の場合においては、
本体工事の流れ(工程)にあまり影響を与えない工事であれば良いと思います。

例えば、
内装の仕上げの工事や外構工事、エアコン取付けなど。

しかし、
ご自分で住設メーカーにでもお勤めで、
キッチンの取付け一式を行うのであれば問題ないのですが、

ネットやブログ等を見ていると、

キッチンや便器、
中には、床の無垢のフローリングなども、

安く買って来て、取付けだけリフォーム業者にお任せすれば、

その分、コストダウンにつながる!

などと、知ったかぶって拡散させている方や、
リフォームの設備関係の業者を見受けます。

リフォームの設備業者が進めるのは良く解ります。

価格競争の現在において、

客が持ってきた製品を、不良品かどうかの責任を負うこともなく、
高い取付費をもらって取付けする事ができるからです。

全くリスクが無く、仕事を行えるのですから。

施主からの支給材を使ったがために、
後でトラブルになった経験のある業者であれば、

施主支給品を使用した場合のリスクを説明し、
施主の了解(一筆)をもらわなければ契約しません。

「内は、何でもOKです!」等と答える業者は、
経験が浅い証拠です。

高いリフォーム工事費の中で、
たとえ、数万円(数十万円)程度、工事価格を安くしたとしても、

1年も経たないうちに、故障や不良が出た時に、
リフォーム業者も、物を買った業者も相手にしてくれず(責任を取ってくれず)、

結局、他のリフォーム業者に修理をお願いする。

この様な経験をして懲りている人の事を、なんというかご存知ですか?

「安物買いの、銭失い」

ことわざは、

後の人々に、
同じ過ちを犯してもらいたくない為に有るのです。ヨネ?

 

 

リフォームをお考えの方で、
・どう進めれば良いのか判らず、話が先に進まない。
・3社の相見積もりを取ったけど、どの業者に決めれば良いのか判らない。
・契約したけど、不安がある。

⇨早くしないと、取り返しがつかないかも?

後悔、先に立たず!

西村弘樹リフォームコンサルティング事務所

Facebook
Twitter